女性

美肌を手に入れる味方です

整形

美容整形外科との違いとは

美容皮膚科とはどのようなものを指すのか、詳しく知っている人は意外に少ないようです。美容外科という科目がありますが、この美容外科と同じくメスを使って必ず手術するのではないかと思っている人も多いようです。しかし美容皮膚科と美容外科は全く違い、診察する内容や専門性も驚くほど違っているのです。美容皮膚科は肌を専門に診察する診療科目で、肌を綺麗にしたい・吹き出物などの治療をして美肌に近づきたいなど、肌に関する悩みを持つ人向けの診療科です。美容皮膚科と一般皮膚科にも違いがあり、基本的に一般皮膚科は保険が適用され、処方薬などを使って疾患を治療します。一方美容皮膚科は保険の適用にとらわれず、美容を目的とした最新の美容医療を受けられるという特色があります。もちろん、一般の皮膚疾患の治療もできます。

具体的な治療の流れとは

美容皮膚科では、美肌・美容に関する様々な治療やカウンセリングを行っています。例えば一般皮膚科でも診療可能なニキビの治療も行ってくれますが、それ以外にもシミの改善やエイジングケアなど、肌に関することでしたら基本的に何でも相談可能です。治療の流れとしては、予約制をとっているクリニックや医院がほとんどで、来院した場合は肌の現状をみるため、洗顔してメイクを落とすことが一般的です。肌の調子を診てカウンセリングを行い、今後の治療方針を決めるのですが、その際はどのような治療を望むのか、また費用などじっくり相談することが必要なようです。基本的に個室でカウンセリングを行うクリニックが多いようなので、言いにくいことも臆さずに言えるようにという配慮かもしれません。